2018年12月7日金曜日

 
 お姉様のウエディングをお直し中、本日は中仮縫いです。
(レースは仮の状態です。)ベールを作り変えていきます。
 
 

2018年11月20日火曜日

海外挙式におすすめなウエディングドレス。
(シルクなので軽く、着易いドレス)

2018年11月17日土曜日

ウエディングドレス新作制作中!
ケミカルレースとサテン(フレンチ)。インポートドレス;ミシンを使いますが、
当店はレースは手かがりです。
レースを丁寧に手かがりで仕立てると
ドレスの良さがわかります。細かく柄合わせをしたりします。


2018年11月6日火曜日

ピアニスト佐野優子様(ロンドン)日本公演のための衣裳、最終チェック。

11月11日(日)イイノホールにてピアニスト:佐野優子様演奏会が開催されます。
ピアニスト:佐野優子様、中国で公演があり、大盛況でした。
(ドレスはシリィブライダルクリエイション)

2018年11月4日日曜日

お色直しドレスを考えている花嫁様の大半がピンクを好みます。
ピンクのリボンレース(フランスレース)にスワロスキーを刺繍しています。
スカートはシルクオーガンジーです。
レースには手かがりですので、インポートドレスではできない仕立てです。ドレスはシルエットにこだわり、とても軽く、着易さが特徴。


ウエディングドレスはミカドシルクが好む方が多くいますが、ミカドシルクよりも、はるかに素材が良い生地でシルクダブルジョゼットがあります。
ミカドシルク

シルクダブルジョゼット

2018年10月30日火曜日

ウエディングドレスは花嫁様が美しく見えるようにすることが大切です。
そのために、シルエットにこだわり、着易く、歩き易く作ることが大事です。
(レースにこだわり・素材にもこだわり、ミカドシルクを使うだけではなく、アンダーにもこだわります。・・そのためにも店のアトリエで制作します。)お客様が着易さにびっくりします。!

2018年10月26日金曜日

レンタルのドレスでも裾上げをします。(ドレスのスカートも持って歩くのは日本だけです。)
裾上げ中

レースを取り外し裾上げをします。

2018年10月23日火曜日

お色直しドレス(新作制作中)のレースを変更し

て作っています。レースは手かがりで作り上げます。(レンタルも写真ように直します)
オーダーのお客様は姉妹で作り変えたりして使用します。
シルクサテンは当社オリジナルです。
 

2018年10月21日日曜日

マシーンオーダーと違い手作業が中心です。インポートドレスと違い、シルエット作り、着易さ、着心地が違います。手かがり多く制作期間に時間がかかります。レースも柄合わせをしてかがります。(お母様から娘様へ、そして孫へ伝わるドレスを作りたいと思っています。)レンタルドレスもお客様に似合うようにお直しをし、オーダー感覚です。



2018年10月11日木曜日

ビスチェのウエディングドレスが多いため、肌の出さないドレスが人気をあります。
(袖があるものやオフショルダーが人気)シルエットが大事ですが、ドレスが軽く
着易く、歩き易いことも大切です。インポートドレスと見比べてください。
メイドインジャパンのパターン・縫製テクニックを見比べればわかります。




2018年10月10日水曜日

お姉様のウエディングドレスを妹様が作り変えています。
ただお直しをするのではなく、パターンを起こし、仮縫いをして作り変えます。
手作業が中心:身頃・袖を作り変えてます。(レース:フランスチュールレース使用)
ドレス・ベール・パニエをすべて当店で作ります。ドレスを大切に使っているので、
お母様から娘様に、そして孫まで使えいるドレスを考えております。
ドレスはシルエットが大切ですが、着易く、着心地も大事です。

2018年10月7日日曜日

オフショルダーがとても人気があります。
特に披露宴で着るウエディングドレスが人気です。
(裾・肩にビーズ刺繍)ドレスのスカートを持って歩かなように裾をお直し致します。
どこから見てもレンタルドレスには見えません。
総レースのウエディングを作っています。
これからお袖を作ります。
ニューヨークからのお客様、
海外挙式(ニューヨークにはドレスの店はたくさんありますが、シルエットが美しく
仕立ての良い店はなく、仮縫いではなく、ピン打ちで終わりです。)
最終試着(ミカドシルク・カットレース)挙式後パーティは紺サッシュベルト・チョーカー
      (紺シルクタフタシャンブレー)

手袋もドレスと同じレースで作りました。

2018年10月6日土曜日

人気度№1ドレスをご紹介します。
素材はフランスレース・シルクサテン
シルエットが美しく、着易く、歩き易く、お客様が試着するとドレスが軽く着易いので驚きます。